診療のご案内 小児矯正

歯並びや咬み合わせが悪くなる原因は様々で、歯の大きさだけではなく、アゴの成長や、舌の位置、咬み方などがあり、それぞれの原因に対する治療が必要です。特にアゴにつきましては、成長期に治療を行う必要があります。

小児矯正は、年齢や歯の状況により治療開始時期を、乳歯時期と混合歯列期(乳歯から永久歯への交換時期)の2つに分けます。 混合歯列期は、歯が萌えかわり上アゴや下アゴの成長のピークを迎えますので、矯正治療をスタートすることが多い時期です。

治療開始時期

乳歯時期に矯正治療が必要な方(3歳から5歳頃)
  • 前歯の咬み合わせが上下逆になっている、下アゴがずれて咬んでしまう方。(ムーシールド矯正)
  • ひどい虫歯や外傷による歯の喪失がある方。
  • 舌の癖や指しゃぶりがある方。
混合歯列期(前期)に矯正治療が必要な方(6歳から9歳頃)
  • 前歯の咬み合わせが永久歯に萌えかわっても上下逆になっていたり、隙間がある、ガタガタに萌えてきた、前歯が出ている、咬んだときにアゴがずれるなどがみられる場合。
  • この時期は上アゴの成長がピークを迎えます。歯に問題はなくても、上アゴの前方への成長が良すぎる場合には、出っ歯に、逆に悪いと受け口の原因となります。
  • 舌の癖や爪を噛む癖などがある場合には、咬み合わせが浅くなったり、前歯が前に押されて出っ歯になる可能性があります。
  • ひどい虫歯や外傷による歯の喪失がある方。
混合歯列期(後期)に矯正治療が必要な方(9歳から12歳頃)
  • 側方歯の歯並びで犬歯の入るスペースがないと八重歯となり、治療スタートとなります。また、乳歯が抜けたのに永久歯が長い期間萌えて来ない場合も治療が必要です。
  • この時期は上アゴの成長がピークを終え、下アゴの成長のピークを迎えます。下アゴの前方への成長が良すぎる場合には、受け口に、逆に悪いと出っ歯の原因となります。

治療期間および来院回数について

治療を開始して1年から1年半で一旦終了します。それから成長の経過を14歳前後まで観ます。来院回数は症状により異なりますが、治療を始めて1年から1年半は1ヶ月に一度、それ以降永久歯の萌出に問題がなければ、3〜4ヶ月に一度のペースとなります。

矯正治療の流れ

装置の種類

小児矯正ではアゴの成長のコントロールを行う装置、舌の位置の改善を行う装置、歯を動かす装置などあります。治療方法により、取り外しのできる装置や固定式の装置があります。
主に下記の装置を併用して治療を行います。

F.K.O.(アクチバトール)
取り外しの効く装置(使用時間は10時間前後で、夜寝るときにセット)
出っ歯や受け口、咬み合せが深い方
ヘッドギア
取り外しの効く装置(使用時間は10時間前後で、夜寝るときにセット)
出っ歯の方
上顎前方牽引装置
取り外しの効く装置(使用時間は10時間前後で、夜寝るときにセット)
受け口の方
チンキャップ
取り外しの効く装置(使用時間は10時間前後で、夜寝るときにセット)
受け口の方
リンガルアーチ
固定式装置
受け口や、乳歯の早期脱落によるスペースがある方
ワイヤー矯正
固定式装置
前歯のすき間やガタガタのある方。目立たない透明な装置や裏側からの装置もあります。
タングクリブ
固定式装置
上下前歯が咬みあってない方(開咬)
ムーシールド
取り外しの効く装置(使用時間は10時間前後で、夜寝るときにセット)
受け口の方(3歳〜)
  • 小児矯正治療
  • 成人矯正治療
  • 予防歯科・ホワイトニング
  • 入れ歯
  • 治療費について